私たちのReasonはイタセクスアリス

最近はですね、

アイドルはもちろん好きなんですけど、

年齢的にも、

そればかりにお金をかけることもできなくて、

CDをあまり買わずに、

レンタルできるものはレンタルしています。

AKB関連CDも、

欲しいもの以外はレンタルしてるんですが、

ホント最近、

良い曲が多いなぁと。

巷では、

勢いが衰えているといわれるAKBですが、

楽曲の質では向上しているように思います。

とりあえず、

最近聞いて良いなと思った楽曲を並べます。

『重力シンパシー』(重力シンパシー公演 #1)
『1994年の雷鳴』(重力シンパシー公演 #6)
『思い出す度につらくなる』(重力シンパシー公演 #7)
『キンモクセイ』(重力シンパシー公演 #9)
『旅立ちのとき』(重力シンパシー公演 #11)
『AKBフェスティバル』(重力シンパシー公演 #12)
『私たちのReason』(永遠プレッシャー劇場盤c/w)
『強がり時計』(永遠プレッシャーType-A c/w)
『永遠より続くように』(永遠プレッシャーType-D c/w)
『冬将軍のリグレット』(北川謙二Type-C c/w)
『拗ねながら、雨…』(この日のチャイムを忘れない #13)

まぁ、

少し古い曲もありますし、

MABOの好みもありますが、

良曲揃いではないでしょうか。

これを一気に、

劇場の狭い空間で見たいなぁ。

それと、

『永遠より続くように』以外は、

もちろんですが、

すべて秋元先生が作詞をしているということ。

これは…という語彙の選び方や、

メロディに乗せたときの違和感が、

聞いているうちにアクセントになって、

それが名曲になるんですよね。

そんなわけで、

他のアイドルばかりいかずに、

AKBの曲もぜひ見直してくださいね。
[PR]