カテゴリ:基本、マンガ( 11 )

さて、

読みましたよ!!

ストロボ・エッジ 9 (マーガレットコミックス)

咲坂 伊緒 / 集英社


いよいよクライマックス!!

『ストロボ・エッジ』です。

月刊誌では、

無事、

最終回を迎えたようですが、

MABOは、

コミックを中心に読んでいるので、

ついに蓮が仁菜子に告白…のところです。

何て言うかな、

仁菜子の心情に、

共感できるというか、

巧みなストーリー展開に、

モウキュンキュンデス。 ←なぜか突然カタカナ変換になった(笑)

さて、

お知らせですが、

私、

NEXT AMBITIONの一環といたしまして、

あのSNSサイト、

mixiをスタートさせました!!

わーい\(^o^)/

流行に乗ったぜヽ(^。^)ノ

ただ今、

マイミク絶賛募集中です(笑)

まだまだ、

システムがあんまり分かっていないですが、

良かったら覗いてみてください。

ただ、

mixiやら危ないブログやら、

ツイッターやらありますが、

全ての中心は、

このハイパーブログですから、

これからもよろしくお願いいたします。

そんな感じで、

お盆は、

小学校の同窓会に呼ばれまして、

帰省しておりました。

その様子は、

mixiの日記でどうぞ。

我ながら、

うまい連動だな(笑)

では、

調子づいてきたので、

ハイパーブログも、

毎日更新に戻すぜ!!

では、

またあした♪
[PR]
最近、

マンガ読んでないなぁと、

思っていたら、

MABO愛読の3冊が、

同時リリースされておりました!!

ストロボ・エッジ 8 (マーガレットコミックス)

咲坂 伊緒 / 集英社


彼はトモダチ(7) <完> (別冊フレンドKC)

吉岡 李々子 / 講談社


L DK(3) (別冊フレンドKC)

渡辺 あゆ / 講談社


お店で発見した時、

「よっしゃー!!」

と叫んでしまいました(笑)

ストロボエッジは、

伏線が本線に乗っかってきて、

ますますこんがらがる感じ。

彼トモは、

ついに完結です。

ヒヨリは、

一体どちらを選ぶのか!?

LDKは、

同居生活物語です(笑)

それぞれ、

おすすめの3冊です!!

キュンキュンしちゃってください!!

<訂正>

昨日まで紹介していた3冊の中で、

ストロボエッジだけ、

新刊の8巻ではなく、

7巻を紹介しておりました。

申し訳ありません。

先日発売されたのは、

8巻でございます。

MABOも、

今日電車の中で、

気づきました。

訂正いたします。

よろしくお願いいたします。
[PR]
また読み終わりました。

I”s 12 完全版 (ヤングジャンプコミックス)

桂 正和 / 集英社


読むと、

いつも思うんですが、

やっぱり、

みんな、

いろいろな感情を持って、

もがいてるんだなということです。

愛してる人であっても、

他人は他人。

相手の考えていることなんて、

100%分からない。

そんな中で、

互いに信じあいながら、

生きていく。

一貴と伊織を見ていると、

信じることが全てだなと思ってます。

MABOも、

そういう恋愛ができたらなと思います。

てか、

やっぱりMABOのバイブルですね。

桂先生、

またラブストーリー描いてくれないかな(笑)
[PR]
最近、

知らないところに、

傷が増えているMABOです。

そんなわけで、

買ってしまいました。
f0066371_165589.jpg

半年後まで待てない!!

ということで、

連載中で、

MABOが読んでいる少女マンガは、

・ストロボ・エッジ(咲坂伊緒)

・Piece(芦原妃名子)

・ココロ・ボタン(宇佐美真紀)

・彼はトモダチ(吉岡李々子)

・LDK(渡辺あゆ)

・隣のあたし(南波あつこ)

です。

1人で読んでて、

キャッキャッ言ってます。

てか、

月刊だと、

コミックが出るのが半年後ですから。

『Piece』に至っては、

隔月並みの連載ですから、

半年後に出る保証がないんですよね…。

いやぁ、

すごくおもしろいんですけどね。

でも、

とりあえずもったいないので、

まだ読みません。

タイミングが重要です。
[PR]
はい、

僕も負けずにがんばります!!

そんなMABO、

おすすめマンガはこれ!!

Piece 1 (1) (フラワーコミックス)

芦原 妃名子 / 小学館


芦原妃名子先生の新連載、「Piece」です。

いやぁ、

謎が多くて、

すごく入り込んでしまいます。

(まぁ、芦原先生の作品は全て入り込んでしまいますが…MABOは)

第1巻ですので、まだ遅くない!!

ぜひ手にとってみてください。

明日は朝までお仕事。

大変ですけど、

これがMABOが選んだ仕事です。

キバります。
[PR]
月刊のマンガって、

コミック出るのが、

かなり遅くなりますよね。

忘れた頃に新刊が出るっていうか。

でも、

それで、

ふと本屋に入って、

新刊が出てることに気づくと、

「やった!!」って思っちゃいますよね。

で、

出てました。
f0066371_0284118.jpg

MABO愛読、

宇佐美真紀『恋*音』です。

少女マンガを読むと、

キュンキュンしますよねぇ~(笑)

まだ読んでないんですが、

読むと、

また半年ぐらい待たないといけないんですよねぇ。







う~ん……














う~ん……













もぅ我慢できないっ!!!!


明日もがんばりましょ♪
[PR]
今、見てます。
f0066371_0322911.jpg

ANIMAXっていう、

アニメばっかりやってるCSのチャンネルがあるんですけど、

そこでドラゴンボールをずっと繰り返しやってるんです。

それを見ちゃってですね、

見たくなったので、

今日、うちで借りてきました。

今、セルが18号を吸収して、

完全体になるところです。

てか、

今見ても、十分おもしろいマンガなんですけど、

子供のころには何とも思わなかった、

矛盾が気になって仕方ありません。

海にあんなでっかいエネルギー弾を打つと、

津波が起きて、一発で全世界が波にさらわれるとか、

1日で1年が過ぎる精神と時の部屋とか。

まぁ、1回死んでるのに、

生き返ってる時点でおかしいですけどね。

マンガですし。

まぁ、でも、

今後、人類が変な開発をして、

フリーザやセルなどを生み出す確率は、

少なからずありますからね、突然変異で。

そのときは、

MABOがスーパーサイヤ人になって、

倒しましょう。

倒しましょう。

倒しま……




倒しましょう!!

以上です。
[PR]
『砂時計』、終了しました。

いや、泣きじゃくってました。

主人公の杏は、自分勝手なんですけど、

でも、それが本当にリアルで、

自分と重ねて見てました。

ダメですね。

読みながら、枕に顔をうずめて泣いてしまいました。

それにしても、

ストーリーがしっかりしてます。

読んでて、

そうくるか!!という展開が多々ありました。

で、今度映画になるらしいです。(詳しくはコチラ)

映画、特報を少し見たんですが、

今すぐ見たぃぃぃぃぃぃ!!!

映画ももちろん楽しみなんですが、

その映画『砂時計』の主題歌が、

今MABOが『砂時計』同様だだハマってる、

いきものがかりなんですねぇ。

なんという、偶然

2月発売のアルバムには、その主題歌は入っていないんですが、

かなり楽しみです。

そんないきものがかりなんですが、

今日、アルバムの先行シングル『花は桜 君は美し』がリリースされました。

花は桜 君は美し
いきものがかり / エピックレコードジャパン







こちらも大変いい曲。

何とも言い表せないんですけど、

キャッチーな曲なんだけど、不安定で、メロディがどこにいくかわからないような、

とても複雑な曲です。

1回聞いてみると、やめられなくなるかもしれませんよ。

ぜひ。

で、このエキサイトブログをウロウロしてたら、

なんといきものがかりの3人も、

エキサイトブログでブログ書いてました。(詳しくはコチラ)

今日は、暖かかったけど、

明日は、北風が吹くらしいです。

風邪などひかないように、がんばりましょ♪
[PR]
先週は、

ライブに飲み会にバイトに、

かなり疲れたので、今日は引きこもりになってました。

で、家で何をやってたかと言いますと、

マンガを読んでたわけですねぇ。

また借りてきましたよ。

もぅ、少女マンガがおもしろい!!

1日で10冊一気に読んでしまいました。

いろいろなのを読んでると、

誰が誰だか分かんなくなります(笑)

『砂時計』に『君に届け』に、

MABOの中ではかなり少女マンガモードです。

おすすめがあったら、

ぜひ教えてね♪

今からお風呂に入ります。
[PR]
昨日の疲れが取れず、

ぐーたらしております。

ライブレポを書けるテンションじゃないので、

明日以降更新します。

すいませんが、よろしくお願いします。

で、今、

うちのコミックレンタルで借りてきたマンガを読んでいます。

明日が返却日なので、読まないとなのです。

6冊借りてきて、そのうちの一つ、

芦原妃名子さんの『砂時計』を読んでるんですけど、

おもしろい!!

布団の上で1人、泣きそうになってました。

明日、続きを借りてくるしかないぜ!
[PR]