<   2013年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

AKB48リクエストアワー セットリストベスト100 2013 初日(100位→76位)

◆100位 ごめんね、SUMMER
◆99位 僕のYELL
◆98位 草原の奇跡
◆97位 バッチコイK!
◆96位 偶然の十字路
◆95位 次のSeason
◆94位 片思いの対角線
◆93位 呼び捨てファンタジー
◆92位 星空のキャラバン
◆91位 眼差しサヨナラ
◆90位 パレオはエメラルド
◆89位 君と僕の関係
◆88位 少女たちよ
◆87位 結晶
◆86位 オーマイガー!
◆85位 心の端のソファー
◆84位 支え
◆83位 RIVER
◆82位 炎上路線
◆81位 Beginner
◆80位 ポニーテールとシュシュ
◆79位 天使のしっぽ
◆78位 口移しのチョコレート
◆77位 風は吹いている
◆76位 抱きしめられたら

(AKB48@メモリスト メンバー観察日記さんから引用)

率直な感想としては、

シングル曲から公演曲、

カップリング曲や支店の曲まで、

ランダムに選ばれているなという印象です。

また、

ポニシュやRIVERがこの位置というのは、

やはり、

それ以降の新規のファンが、

投票しているなと思います。

昨日は予定があり、

中継で見れなかったのが悔やまれるが(支えが見たかった!)、

今日は小池やデジャビュや、

他の名曲が見られることを期待します。
最近はですね、

アイドルはもちろん好きなんですけど、

年齢的にも、

そればかりにお金をかけることもできなくて、

CDをあまり買わずに、

レンタルできるものはレンタルしています。

AKB関連CDも、

欲しいもの以外はレンタルしてるんですが、

ホント最近、

良い曲が多いなぁと。

巷では、

勢いが衰えているといわれるAKBですが、

楽曲の質では向上しているように思います。

とりあえず、

最近聞いて良いなと思った楽曲を並べます。

『重力シンパシー』(重力シンパシー公演 #1)
『1994年の雷鳴』(重力シンパシー公演 #6)
『思い出す度につらくなる』(重力シンパシー公演 #7)
『キンモクセイ』(重力シンパシー公演 #9)
『旅立ちのとき』(重力シンパシー公演 #11)
『AKBフェスティバル』(重力シンパシー公演 #12)
『私たちのReason』(永遠プレッシャー劇場盤c/w)
『強がり時計』(永遠プレッシャーType-A c/w)
『永遠より続くように』(永遠プレッシャーType-D c/w)
『冬将軍のリグレット』(北川謙二Type-C c/w)
『拗ねながら、雨…』(この日のチャイムを忘れない #13)

まぁ、

少し古い曲もありますし、

MABOの好みもありますが、

良曲揃いではないでしょうか。

これを一気に、

劇場の狭い空間で見たいなぁ。

それと、

『永遠より続くように』以外は、

もちろんですが、

すべて秋元先生が作詞をしているということ。

これは…という語彙の選び方や、

メロディに乗せたときの違和感が、

聞いているうちにアクセントになって、

それが名曲になるんですよね。

そんなわけで、

他のアイドルばかりいかずに、

AKBの曲もぜひ見直してくださいね。
もう新年も5日ですか。

この調子だと、

明日にも、

今年の大晦日が来そうですね。

それくらい早いですね、

1日が。

というわけで、

ここでMABOの今年のテーマを発表しようと思います。

今年のテーマは、

「なるようになる、ケセラセラ」

です。

去年のテーマは、

「Walking!」でした。

一歩ずつ歩いて行こう、

目の前のことを一つ一つクリアするという意味を込めました。

そしてなる去年、

いろいろなことをクリアしていくと、

物事は結局、

なるようにしかならないなと思うことがありました。

勝手に放っておくという意味ではありません。

なるようにしかならないから、

自分を信じようということです。

余計なことをたくさん考えてしまって、

勝手にパンクしてしまうMABOなので、

落ち着かせるために、

「なるようになる、ケセラセラ」。

これをおまじないのようにして、

今年1年がんばっていこうと思います。

では、

明日も更新します。



……ケセラセラ(笑)
さて、

このブログも2月で、

満7年になるわけですが、

え??

2012年なんてろくに更新してないって!?

いやいや、

ごもっともです(笑)

しかし、

7年間やり続けるって、

よっぽどですよ。

ましてや、

仕事じゃないしね。

というわけで、

仕事としてのブログは↓でしておりますのでぜひ。 ←宣伝かよ(笑)

http://ameblo.jp/ibachu-community/

さて、

2012年に、

私MABOが聴いたJ-POPやアイドルのCDの中から、

「これはヘビロテした!」というものを紹介します。

まず、こちら。

CHAIN

KAT-TUN / ジェイ・ストーム



このときのブログでも書いてますが、

シングル曲と全体曲とソロ曲のバランスが良いです。

その上、

曲順もいいから、

何度も聞きたいアルバムになりましたね。

ボクにできること(初回生産限定盤)(DVD付)

ダイスケ / ERJ



ZIP!でおなじみの、

ダイスケくんのファーストアルバムです。

久しぶりに、

こんなポップなアルバムを聴いたなーと感心する出来です。

曲もバラエティに富んでいて、

口ずさみたくなるものばかりですね。

いきものがかりが好きな方は、

好きだと思いますよ。

JAPAN DEBUT SINGLE 『Good Day』(初回生産限定盤)(Type B)(DVD付)

IU / EMIミュージックジャパン



今年1番ですかねーこれが(笑)

韓国アイドルIU(アイユー)ちゃんの日本デビューシングルです。

曲もそうですが、

PVもかわいらしくて、

MABOはメロメロでした(笑)

いやいやとにかく、

POPを追究した楽曲で、

他の韓国アイドルの曲とは少し日本寄りのサウンドで、

日本のアイドルファンにも刺さると思ったんですが、

今のところ普通ですね(笑)

Face Down(初回限定盤)(DVD付)

嵐 / ジェイ・ストーム



タイトル曲ではなくて、

初回盤のカップリング曲「ひとりじゃないさ」の方です。

MABO好物の旅立ちソングです。

どうのこうのじゃなく、

歌詞とメロディとサウンドが一致しているので、

良曲なのです。

それを嵐が歌うということに付加価値が生まれ、

何度も聞きたいという衝動に駆られるわけです。

ただとにかく、

今年の嵐にもかなり上質の楽曲が集められましたね。

特にカップリング曲の良さが目立ちました。

来年も期待したいです。

One World(初回限定盤)(ファーストクラス盤)(DVD付)

ぱすぽ☆ / ユニバーサルJ



2012年のアイドル名盤ランキング、

1位はこれです。

アイドルの垣根を超えそうで超えてない、

ロックだけどゴリゴリではない、

ある意味ギリギリの作品です。

このアルバムも、

KAT-TUN同様、

全体のバランス+曲順が良いから、

あっという間に聞き終わるし、

また再生したいとなるわけです。

しかもロックといえども、

バラエティに富んでるときた。

完璧ですよこれ。

アイドル好きでまだ聞いてない方、

損してますから、

買うかレンタルでぜひ一聴を。

というわけで、

こんな感じですかね。

まぁ、

今年の元旦にリリースされた、

歴代のAKB公演CDも入れたいところですが、

実際5年前の楽曲たちなんで、

止めときます(笑)